デビットカードには審査がなく、1日の限度額設定、ポイント還元があります。

MENU

デビットカードを使う

クレジットカードだと使い過ぎてしまうという人は、デビットカードを利用してみましょう。

 

デビットカードとは、預金口座から直接支払いをするカードのことです。

 

ここで、クレジットカードとデビットカードの違いを説明しておきます。

 

まず、支払い方法です。

クレジットカードでは支払い方法を一括払いと分割払いが選べます。
一方デビットカードは一括払いしか出来ません。

 

次に、お金が引き落とされるタイミングについてです。

クレジットカードは翌月に引き落とされるのが一般的ですが、デビットカードは即時引き落とされます。これによりお金の残高管理がしやすくなるメリットが生まれます。
クレジットカードだとついつい使い過ぎてしまい、翌月に大金を請求されて焦る人も居るでしょう。
その点デビットカードだと預金口座から即時引き落とすため、残金を確認しやすいのです。

 

そして、ここからデビットカードの魅力的なポイントです。

クレジットカードで分割払いを行うと、手数料が発生してしまいます。
それに対してデビットカードは一括払いしか使えないので手数料が発生しないのです。

 

ショッピングの際にお金が足りないと貯金を下ろさなければなりません。
この時、ATMを利用すれば手数料を取られてしまうでしょう。
しかし、デビットカードを利用していればその場で預金口座から引き落としが可能です。
急な出費の際にも手数料を必要としないので、手数料を着実に節約出来ます。

 

デビットカードの魅力

 

1日の限度額を設定することも可能なので、うまく活用すれば散財を防ぐ効果もあるでしょう。
さらにポイント還元のメリットもあります。
現金で購入するだけでは何も得られるものがありません。
ですが、デビットカードを使っていればポイントが貯まって行くのです。

 

クレジットカードは翌月に引き落とすため、ある程度の信用が必要です。
借金の有無や仕事の有無などで審査を受けますが、デビットカードにはそうした審査がありません。
なぜなら、預金口座にあるお金しか使用出来ないからです。
誰でも気軽に持てるので、持っていない人はカードを作ってみることをおすすめします。